8/3-4の2日間、初心者のための山歩き教室 燕岳から北燕岳に同行してきました。

テーマは「はじめての山小屋」。人気の燕山荘の宿泊も楽しみなコースです。

日程

①新宿駅(7:15発)++あずさ51号+++松本駅(10:19着/10:30発)===中房温泉(1450m/12:00頃発)・・・合戦尾根・・・燕山荘(2704m/17:30頃着)

◎歩行距離/約4Km・行動時間約5時間半・獲得標高1255m

②燕山荘(5:30発)・・・燕岳(2763m)・・・北燕岳・・・燕山荘・・・合戦尾根・・・中房温泉(13:30頃発)===有明荘入浴(13:40~14:40頃発)===松本駅(16:10頃着/16:30発)+++あずさ28号+++新宿駅(19:06着)

◎歩行距離/約6.5Km・行動時間約7時間半・獲得標高1655m

1日目

新宿駅から新型あずさに乗って、一路、松本駅へ。

松本駅からジャンボタクシーにて登山口の中房温泉へ向かいます。

天気も良く、ハイシーズンという事もあり、沢山の登山者で賑わっていました!

今日は燕山荘まで約4時間半のコースです。

誰が言い始めたのかわかりませんが、合戦尾根はブナ立て尾根、早月尾根と並んで「北アルプス三大急登」と呼ばれています。

ちなみに「日本三大急登」はブナ立て尾根、西黒尾根(谷川岳)、黒戸尾根(甲斐駒)だそうです。

ただこの合戦尾根は、登山道が上手につけられていて、そんな急登には感じません。

第一ベンチ、第二ベンチ、第三ベンチ、富士見ベンチと登山者が登りやすいように休憩場所が設けられているのも登りやすい理由です。

そして、何といってもこれ。途中の合戦小屋の名物・スイカが疲れを忘れさせてくれるからでしょう。

合戦小屋を過ぎれば、森林限界を越え、展望とお花畑が次々に現れます。

燕山荘に到着~!丸太のログハウス風のしっかりとした作り。

テント場も満席!

何とこの日の夕食は6回戦で19:50から!

オーナーの赤沼氏によるトークとアルペンホルンの音色が星空に心地よく響きました。

2日目

日の出は4:50頃。「モルゲンロート」と呼ばれる朝焼けは、山小屋泊の楽しみのひとつ。

荘厳な風景を目の前に、心が洗われるようです。

朝食をいただいてから、燕岳と北燕岳を目指します。

この時期は燕岳周辺はコマクサの楽園!

イルカ岩と槍ヶ岳

メガネ岩を過ぎれば、山頂はすぐそこ!

燕岳山頂!奥に見えているのは北燕岳です。さらに進みます!

気持ちの良い稜線歩き。北燕岳は人も少なくのんびり休憩。

裏銀座方面や

立山・剱岳まではっきりと見えました!

展望を存分に楽しんで、燕山荘へ戻ります。

燕山荘では、テラス席で至福のティータイム。

振り返れば、先ほどまでいた燕岳の勇姿。

いつまでもここにいたい気持ちを振り切って下山開始。登ってきた山岳部の皆さん。若いな~。

合戦小屋でちょっと早いランチタイム。登山者を理解しつくした質・量ともに絶妙なお弁当。

あと、もう少し。がんばろ~。

ほぼ予定通りに中房温泉に下山。そして、有明荘で温泉とビールっ!

タクシーで松本駅に移動して、渋滞知らずの快適なあずさで新宿に帰京しました。

 

今回は天候に恵まれ、メンバーに恵まれ、素晴らしい山行となりました。

ご参加の皆さん、ツアー中のご協力、誠にありがとうございました。

ぜひまたどこかの山でご一緒いたしましょう!

 

東京営業所 ガイド:白砂賢一 サブガイド:山添雄祐