「初心者の山歩き教室」第一回という事で、「鶴見岳」に登ってきました。

今回のテーマは、~山の装備を学ぶ~という事で、登山口に向かうバスの中で講師によるレクチャーが行われました。

天気も良く、登山には快適な気候でした。

 

【日程】

小倉駅(7:10発)===北九州都市高速/九州自動車道===博多駅(8:30発)===基山PA(9:00発)======九州/大分自動車道===湯布院IC===西登山口(11:00発/816m)………馬ノ背………

………鶴見岳(1374m)………御嶽権現社………登山口(15:30発/595m)======クアージュ湯布院(17:00頃発)===湯布院IC===九州/大分自動車道===基山PA(18:30頃着)

===博多駅(19:00頃着)=== 北九州都市高速/九州自動車道===小倉駅(20:30頃着)

【歩行6.3m・歩行時間約3時間半・行動予定約4時間半・1410m】

 

西登山口にてストレッチをして登山開始。

しばらく広い林道を歩き、登山道に入ります。

結構な登りがしばらく続きます。この時期でも登りだすと、すぐに汗がでますね。

鬱蒼とした苔むした森も神秘的です。

馬酔木の季節です。所々に咲いていました。

高度を上げると、真横には豊後富士「由布岳」が間近に迫ります!!

意外と長い登りを詰めると、いきなり山頂が現れます。

景色は抜群!360度の展望が広がります。

別府湾も一望できます。100万ドルじゃなく1000万ドルの夜景との事。W

とてつもなくデカい温度計がロープウェイ駅の横にあります。

ロープウェイで登れば、15分程で登れる山ですが、下から登れば充実感が違いますね。W

下りはあえてロープウェイを使わずに御嶽権現社の登山口に下山しました。

下山後は湯布院温泉にてゆっくりと体を癒しました。

 

由布岳の横にあって、どうしても「脇役感」のある鶴見岳ですが、今回歩いた西登山口からの縦走は

初心者の方にもオススメの好ルートですね。

侮るなかれ、「鶴見岳」。