4/28に敦賀の名峰、野坂岳をご案内してまいりました。

今回は初心者の山歩き教室2回目ということで19名様のご参加です。

まずバスで野坂いこいの森登山口まで。駐車場周辺にて

お昼お弁当を食べてからの出発となりました。

 

野坂岳は標高914m。歩きやすい登山道が続いているので、地元の小学生なども良く登る

大人気の山です。関西百名山にも選定されていますので、県内外からたくさんの登山者が訪れます。

 

沢沿いの登山道にはニリンソウの群落があります。

 

最初は急なのですが、上に行くにしたがって傾斜が緩やかになってきます。

 

 

眩しい新緑を眺めながら登ると、小さな分岐に出ました。

この分岐は行者岩という展望地へ至る脇道です。

 

行者岩からの展望、敦賀市内や日本海に突きだす敦賀半島が展望できます。

 

さらに登って行くと、

 

足元には今が盛りのイカリソウと、

 

素晴らしいブナの新緑が出迎えてくれました。

 

三の岳、でも山頂はまだもう少し先。

いつつくの?って言われても、もうすぐですよ~って言うしかありません。

そのもうすぐっていう表現が人によって解釈が様々。

 

幸い皆様ばてる方もなく、順調に歩いて頂きました。

今回の山歩き教室のテーマは「山でばてない歩き方・休み方」、

行動中に折を見てばてないコツを解説させて頂きました。

 

もうないかなと思っていたカタクリに遭遇。

 

元気いっぱいに反り返った花弁を見せてくれました。これも春の山野草の象徴ともいえる花で、

その生活史や利用法など説明するとただ名前を知るだけではない多面的な理解を得ることができます。

 

さぁ、山頂はもうすぐ先です。

 

野坂岳山頂に到着。

 

一等三角点が埋設されています。かなり新しいものに見えました。

 

それぞれに大展望の山頂を楽しみます。

 

西の方向、奥に双耳峰が見えます。野坂岳と同じく関西百名山の青葉山です。

 

東北の方向には、高いところに雪山が見えます。

加賀の霊峰、日本百名山の白山まで見渡すことができました。

 

大展望の山頂で記念写真。

 

下山は往路を辿ります。一日中快晴で素晴らしい青空と、

ブナの新緑が目に沁みる山歩きとなりました。

ご参加の皆様、誠にありがとうございました。

次回、5/19尼ヶ岳から大洞山でご一緒しましょう!

 

トラベルギャラリー井上