長崎県の名峰 雲仙 普賢岳に行ってきました。

2020.6.21(日)

博多駅を8:00に出発して普賢岳の登山口となる仁田峠までは約2時間30分で到着です。

ミヤマキリシマの咲く時期には大型バスや自家用車で満車状態で大渋滞しますが、この日はスムーズに駐車場まで到着しました。

さて、どんな花々が私達を待ち受けているのか楽しみにしながら出発です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロ―プウェイ乗り場の隣にある「普賢岳仮拝殿」の鳥居をくぐると登山道がはじまります。まずは登山の安全を願って手を合わせて出発します!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで今回のコースを簡単にご紹介いたします。

普賢岳仮拝殿から入山して薊谷(あざみたに)⇒紅葉茶屋⇒鬼人谷口⇒西の風穴⇒北の風穴⇒鳩穴分れ⇒立岩の峰⇒霧氷沢分れ⇒普賢岳山頂⇒紅葉茶屋⇒薊谷

⇒普賢岳仮拝殿といった、周回コースで普賢岳を満喫します。

このコースは平成新山を間近に見る事ができますし、風穴があったり様々な植物が登山者を楽しませてくれるオススメコースです。

今回はヤマボウシに始まり、ヤマアジサイ・シロドウダン、そして「森の貴婦人」オオヤマレンゲになどなど、たくさんの花々が私達を出迎えてくれました!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂に到着すると「平成新山」の目の前に!!

噴火から約30年。平成新山には緑が目立つようになってきました。自然の力は本当にすごいですね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普賢岳はミヤマキリシだけではなく、紅葉・霧氷・オオヤマレンゲなど四季を問わず登山者を楽しませてくれる素晴らしい山だとあらためて実感しました。

次回は10月30日(土)の紅葉の時期に設定していますので、是非ともご参加ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

トラベルギャラリー福岡営業所 佐々木・・・でした。