ツール・ド・モンブラン ツアーレポート

7月にモンブラン山群を一周する「ツール・ド・モンブラン」を歩いてきました。
連日、晴天が続き、花・花・花の素晴らしいコンディションの中、ハイキングを満喫してきました!

01deddc6a471e8b0832dad42ea9e48994077863928

ツールドモンブランの日程」

① 日本発 ✈ アムステルダム乗換 ✈ ジュネーブ空港~ジュネーブ
② ジュネーブ~ノートルダムゴルジュ…ボンノム峠…ボンノム小屋
③ ボンノム小屋…シャピュー村ーロゼラン湖畔
④ ロゼラン湖畔~グレーシャー村…セイニュ峠…ヴィサイユ~クールマイヨール
⑤ クールマイヨール~アルヌーバ…フェレ峠…フェレーシャンペ
⑥ シャンペ~ポイティ…バルム峠…ル・ツール~ヴァルロシーヌ
⑦ ヴァルロシーヌ~モンテ峠…フレジェール…シャモ二ー
⑧ 午前、エギーユ・ド・ミディ展望台。午後、自由行動。
⑨ シャモニー~ジュネーブ空港 ✈ アムステルダム乗換 ✈
⑩ 日本着

1日目:ノートルダムゴルジュ…ボンノム峠…ボンノム小屋

いよいよ「ツール・ド・モンブラン」の出発地であるノートルダムゴルジュに到着。ここから6日間のトレッキングがはじまる。

0178b71f5de1fdb0463e7ed9479374e17dba4965f6

天候も安定していてやはりトレッキングのベストシーズン!!

 01037fc109a7e3076d895cbfd251b80a533a3bdc7c

牛の歓迎も~。

 01cc9bbd564f7065276522251c634d1e56ea19eabd

高度を上げるにつれて雪渓が。今年は特に残雪が多い。

13639937_1241389159214115_629251171_o

時間をかけて何とか今日の目的地、ボンノム小屋へ。

13699475_1241389402547424_1122144340_o

2日目:ボンノム小屋…シャピュー村ーロゼラン湖畔

下山後、シャピューの小さなレストランにてランチ。こんな光景もツールドモンブランならでは。

01e2953b675aed76c88f92c808a9b2d2a6cccc35dd
017f119a1954ec6c3af85a23758a96e8eb07ec5c31

今回のツアーでは、モテ小屋ではなくロゼラン湖畔のシャレーに宿泊。以前も泊まった事あるけども、ここのシチュエーションは最高!

01a14a5ca087044619ac8f0ddf954f8a40b6e57128
01fa0cecae9f4aaf613dbb4c0b96bdf567fe76ed67

3日目:ロゼラン湖畔~グレーシャー村…セイニュ峠…ヴィサイユ~クールマイヨール

氷河の素晴らしい景色を眺めながら今日の目的であるセイニュ峠越えを目指す。

01431632d2e36be8ae3410ffea87c34e8fe1d7f189

セイニュ峠にてフランスからイタリアに国境を跨ぐ。せーの!

0136a82f627ce54fffd812e992f93e00cbcb3058ac

峠からはしばらく雪渓の上を歩く。やっぱり今年は雪多い。

018261f640700c5396f4ffad0c5fd470e00e41bc11

お花畑の中、ヴィサイユへ下る。景色はいいが、これが意外と長い。。

01b6de845e32a19ee5e5fbe2a16e4ec2bf2c3c55d8
015264cfdff71bdd7c211c907e437ab6818bf0fb1e

イタリアの山岳リゾート地クールマイヨールに宿泊。

015e9bcdd793077f4016523c169b3d32164d2b0d8e
0176870c66b11c68d759cdd0026f80248667cf2154

 4日目:クールマイヨール~アルヌーバ…フェレ峠…フェレーシャンペ

連日の晴れ!今日も素晴らしい景色がまっていた。

015840e854f92a84ef00128234b4a417c333b44cf9

登山口から1時間ほどでエレナ小屋に到着。しばしの休憩。

010f2a42f2194e26e1fa74b4a6c6771084db1f1f9b

これぞ、花と氷河の競演!!

0184a188c599747154ae91c85a176728b940eae208

さて、今日も恒例の国境越え。今度のイタリアからスイスへ~!

015e4af3e6a670f78de6c4a0d1c74c69acdea125cf
01d95824954d99e366dfbab7b2598d50688155ac2f

ランチタイム。ヨーロッパのハイキングスタイルですね。ゆっくり~のんびり~。

01f7bf3d1128b8c93dc73d0b4c5c65c11c28d72809

下山後は、スイスで湖の避暑地として人気があるシャンペに宿泊。

01b78c2add5c877ceba69f8013bfdc5cf8a7126933

 5日目:シャンペ~ポイティ…バルム峠…ル・ツール~ヴァルロシーヌ

毎朝、セルフサービスで自分のランチBOXを作る。

01dacfaff9e751411bafc67313308927086c129715
010a397146489ef98e3f83e66fa3b5682d7241a1cb

毎日の荷物の輸送サービスで大活躍の、シャモ二ーガイド協会のワゴン車&陽気なドライバーさん。

 0107b208cd80a737e46efbb6c1e8673798521e2f86
 0176726a3c823f05cfc33b0b60421592f30311a35a

樹林帯からバルム峠を目指す。アルペンローゼが素晴らしい場所だが、まだ五分咲き程だった。

01dc35bd2c706a930bf4d60bba6d1ab9449c525027

さて、最後の国境越えはスイスからフランスへ!!

01af050bfe9a0c72b3d396c20576c9e0ff16629e85

スイスとフランスの国境を跨ぐ。

01f04c4b6a90025677c30395f80512c5bb9f617b91

下山後、現地ガイドさんのはからいで、本人が営むシャレーとレストランに案内してくれた。

01a7d0c7aad9add9f9a4bb54777419583cb3ec00c0
 0141c16a7f77f152526a0c38d55d1b96614f4309cf

6日目:ヴァルロシーヌ~モンテ峠…フレジェール…シャモ二ー

最終日、ついに天気が崩れた。。。
モンブラン山群を一望できる旅のハイライト。何も見えないので、黙々と歩く。。

01822236257d059772f652b766736baf6c0e4befc3
01848fa53ca771f31e119977bcb8e45ab6b5e4c2f6
019cbe6a7306a24cb7a07a219b2197a4966f682c02

シャモ二ーもあいにくの天気。
但し、夜はクライミングのワールドカップ決勝で大いに盛り上がるシャモニーであった。

0111aa2a04ac91f8078daf8ffc44fc12d90664177d
012e73f64e525bd480026bfd2aaaabfaacf612380c

翌日、エギュードミディ展望台からはモンブランの雄姿を見ることができた~!!!

 0170eb4c1a3a06ae23996e1a2eb84f8064d36144f7

 福岡営業所:諸岡

 

ツアーのご案内

モンブラン山群一周 アルプス展望の山旅 「ツール・ド・モンブラン」
このツアーの詳細はコチラ ⇒ モンブラン山群一周 アルプス展望の山旅 「ツール・ド・モンブラン」