みなさんこんにちは。福岡営業所の在原です!

今回ご一緒させていただいたツアーはコチラ・・・

3/24~27 世界自然遺産 屋久島 宮之浦岳から縄文杉・白谷雲水峡縦走

世界自然遺産の屋久島 洋上のアルプスと言われる九州最高峰の宮之浦岳を筆頭に1900m峰が連なります。

その屋久島の魅力を代表する宮之浦岳・縄文杉・白谷雲水峡を縦走するプランです。

1日目行程

鹿児島中央駅==鹿児島港~~~トッピー~~宮之浦港==タクシー==宿

初日は鹿児島港から高速船トッピーで屋久島にわたります。

鹿児島港の眼前には桜島、途中船中から薩摩富士 開聞岳が見えます。かっこいい~~~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋久島港到着後、山中で必要な食事や、ガスカートリッジなどを揃えます。

この日は翌日に備えてゆっくり休みます

2日目行程

宿==淀川登山口(1360m)・・・花之江河・・・投石平・・・宮之浦岳(1936m)・・・

焼野三叉路・・・平石・・・展望所・・・第一展望所・・・新高塚小屋(1460m)

◎距離9.9km、行動予定約9時間、獲得標高1760m

早朝宿を出発し、登山口の淀川登山口へ。

 

 

 

 

 

 

ここから歩き出しです。いきなり樹齢1000年を超える屋久杉が現れ、雰囲気抜群の登山道です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し歩くと最初の山小屋淀川小屋です。避難小屋ですがトイレもあります。

少し休憩してまずは宮之浦岳を目指します。

 

 

 

 

 

 

途中高盤岳のトーフ岩が見えてきました。包丁で切ったような形です。

自然のすごさ感じざるおえません(笑)

 

 

 

 

 

 

またしばらく歩くと、日本最南端にある高層湿原で、標高1,640mに位置する花之江河に着きます

この高層湿原では、珍しい高山植物や湿原を流れる清流、ミズゴケ等の植物とともに幻想的な景色が広がります。

 

 

 

 

 

 

花之江河からしばらく歩き、投石平に到着!ここでランチタイムです。

 

 

 

 

 

 

お腹を満たし、近づく宮之浦岳を正面に見ながら山頂を目指します。

雨の多い屋久島では珍しく、天気に恵まれ最高の縦走日和!

 

 

 

 

 

 

山頂少し手前のくりお岳!

 

 

 

 

 

 

そしてまずは目標の一つ目!九州最高峰 宮之浦岳 到着です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん足並みがそろっていいペースなので山頂でゆっくり過ごします。

この後は、本日の宿泊地。新高塚小屋を目指します。あと3時間ほどガンバです!

 

 

 

 

 

 

途中永田岳を望みながら平石岩屋へ

 

 

 

 

 

 

左の写真中央に人面石が・・・

ガイドさんはアイアンマンって言っていましたが、私にはウォーズマンに見えました(笑)

ここから少し頑張って、新高塚小屋に到着です。

 

 

 

 

 

 

新高塚小屋は避難小屋で到着後、寝袋を準備し、食事の準備をします。

新高塚小屋には、トイレもあり、水場も近くにあるので十分快適に過ごすことができます。

食事内容は、作るのと食べるので必死になり撮り忘れました。

3日目行程

宿・・・高塚小屋・・・縄文杉(1310m)・・・ウィルソン株・・・楠川分れ・・・辻峠・・・白谷雲水峡・・・白谷雲水峡登山口(620m)==宿

◎距離10.7km、行動予定約8時間半、獲得標高1990m

新高塚小屋を出発します。この日は縄文杉と白谷雲水峡を縦走します。

 

 

 

 

 

 

雨が少し降っていたのでカッパを着て出発です。

出発後、少し歩くと高塚小屋へ到着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3階建てですが新高塚小屋の方が広いです。詰めたら15人ぐらいは入れるかな

高塚小屋を出発するとほどなく縄文杉に到着です。

縦走するメリットとして朝一の縄文杉到着なので、荒川登山口からくる人達が来て混雑する前に

縄文杉の写真を撮ったり、ゆっくり楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縄文杉をゆっくり楽しんだ後は、白谷雲水峡に向かいますがその間にもたくさんの屋久杉を見ることができます。

 

 

 

 

 

 

さらにもう一つの名所、ウィルソン株があります。ここはみなさん一度は見たことがあると思いますが、

切株の中であるポイントから写真を撮るとハート型に見えるというものです。

 

 

 

 

 

 

ふと切株のそばに目をやると・・・・

あれ?心のキレイな人にしか見えないあの精霊が・・・

 

 

 

 

 

 

木霊(コダマ)が出てきてくれました。

コダマに癒され、白谷雲水峡を目指してトロッコ道を進みます。

 

 

 

 

 

 

少し降った雨のおかげで本来の屋久島の緑がキレイに見えます。

屋久島は雨が似合いますね~

 

 

 

 

 

 

ここから、白谷雲水峡に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白谷雲水峡の苔むす森を歩きマイナスイオンたっぷり浴びた気になりながら歩きました。

そして白谷雲水峡の入口に到着!

 

 

 

 

 

 

この後はバスに乗って、宿に帰ります。

 

 

 

 

 

 

ゆっくり疲れを癒して翌日帰ります。

今回のコースは、避難小屋宿泊はありますが、登山道にも危ない所などもなく

屋久島の魅力を存分に、そしてゆっくり楽しむことのできるコースでした。

ご参加いただきました皆様大変お疲れ様でした。

また皆様と避難小屋で宿泊できる日を楽しみにしております(笑)

ありがとうございました。

トラベルギャラリー 福岡営業所 在原 路夫