<ツアー日程>

1日目  福岡✈羽田✈青森===立佞武多(たちねぷた)の館===太宰治記念館「斜陽館」・津軽三味線会館にて三味線の生演奏===津軽中里駅<津軽鉄道/ストーブ列車>津軽五所川原駅=稲垣温泉・旅【泊】

2日目 ===山麓駅~八甲田ロープウェイ~山頂駅………樹氷スノーシュー………山麓駅===酸ヶ湯温泉・旅【泊】

3日目 ………宿周辺にてスノーシューを楽しみます===古川市場にて名物『のっけ丼』の昼食===青森✈羽田✈福岡(18:00~21:30頃着)

●体力2 技術1
■歩行
2日目 約2時間
3日目 約1時間

3月の初旬に「初心者のための登山教室」で八甲田山のスノーシューハイキングに行ってきました。今回の山旅の目的はスノーモンスターと呼ばれる樹氷の中を歩くこと。でもそれだけで帰るのはもったいないので、いつものごとく1日目には観光&津軽鉄道ストーブ列車、最終日には美味しい海鮮丼と、青森の食と観光も満喫してきました!

青森空港までの直行便は、現在運航していないので小さなプロペラ機で、大阪経由青森へ。あいにくの天気。。

東北方面はスカッと晴れていて、津軽平野に岩木山が出迎えてくれました。

到着後、バスにて青森観光へ。まずは「立佞武多の館」へ。青森といえば佞武多まつりですよねー。

高さ20メートルを超える佞武多は迫力満点。一度、佞武多まつりの時期に来てみたいなー。

続いて、太宰治記念館「斜陽館」へ。太宰治の生家ですね。明治時代の豪邸で、今では国の重要文化財建造物に指定されています。太宰治は、いわゆる田舎のお坊ちゃまだったんですね。

津軽といえば、冬の風物詩、津軽海峡「ストーブ列車」です。一度は乗ってみたい列車でした。

コロナの影響で観光客はほとんどいませんでした。席はガラガラで。ほぼ貸切状態。W しかもこの時期にしては異常に暖かい気温で、最高気温は18にも。

ストーブ列車といえば、やっぱりコレです!車内販売で売っているスルメを買うと、車掌さんがストーブの上で焼いてくれます。

でもこの日は暑すぎて、誰もストーブに近寄ろうとはしなかったのです。W

この日は、「稲垣温泉」の温泉旅館に宿泊して、美味しい料理を頂きました。

翌日、いよいよ八甲田山麓へ。昨日とは打って変わって東北らしい雪景色が広がります。標高を上げるにつれて雪が増していきます。

八甲田ロープウェイにて一気に山頂駅へ。この日の山頂駅の気温はマイナス6℃。昨日の町の温度と比較すると24℃の温度差が。。

昨日は風が強くロープウェイが止まっていたようですが、この日は何とか動いてくれて良かった。

スノーシューを装着して、ホワイトアウトの中、まずは近くの田茂萢岳(たもやちだけ)山頂へ。

3月上旬の雨で、山頂付近の大きな樹氷(スノーモンスタ)は落ちてしまっていましたが、それでもまだ美しい樹氷を見ることができました。

八甲田のパウダースノー。雪質は日本屈指です。                        休憩での一枚。

標高を下げると、アオモリトドマツ林から穏やかなブナ林へと変わって行きます。

最後は、シリセードで一気に下ります!

八甲田といえばやはり秘湯「酸ヶ湯温泉」ですね。八甲田山麓にひっそりと佇む、趣のある温泉宿です。      千人入るという大浴場は、今でも男女混浴です。

2日目の夕食も豪華版でした。青森の海の幸、山の幸を美味しく頂きました。

翌日の朝、出発まで時間があるので朝、スノーハイキングへ。酸ヶ湯温泉の近くにある地獄池まで行きました。神秘的な光景に皆さん感動。

2日間、青森の雪を堪能しました。九州では絶対に見ることができない雪景色!

青森市内に戻り、市場にて青森名物「のっけ丼」を食べに行きました。カウンターにてチケット(1500円)を買って、市場内で好きなネタを自分で選ぶスタイル。こんな感じです。

 

夕方のフライトまで時間があるので、青森県観光物産館「アスパム」へ。お土産をたくさん買いました。 アスパムから陸奥湾を望む。思わず「津軽海峡冬景色」を口ずさむ。W

 

今回、八甲田山のスノーモンスターは見れませんでしたが、パウダースノーと美しい樹氷を堪能できました。観光&津軽鉄道ストーブ列車も満喫して、美味しい食事も頂き今回も大盛り上がりのツアーでした!!

ご参加の皆様、ありがとうございました!

 

福岡営業所スタッフ