最近ツアーブログの更新が滞っており、まとめてアップしている旅本大阪の井上です。

4/20-21の2日間で関東の名峰、筑波山をご案内してまいりました。

 

今回は短い日程で新幹線利用、秋葉原からつくばエクスプレスを利用して訪れました。

 

今回お世話になったホテル一望。その名の通り、関東平野が一望のもとに見渡せる立地です。

 

初日はホテルにチェックインして徒歩で筑波山神社へ散策に出かけました。

 

春のうららかな好日に神前式に向かわれる新郎新婦のお姿。

 

山門も素晴らしいですが、

 

筑波山といえばガマの油売り。ガマグッズが所せましと並んでいます。

散策を終えてホテルへ。温泉につかってゆったりと移動の疲れを癒します。

 

2日目も快晴。

 

登山道に入って、新緑の木漏れ日の中を順調に登って行きました。

 

晴れた日の日曜日、家族連れの登山者がたくさん。

これで山デビューになるお子さんも多いんだろうなと。

 

登山道は整備されていますが、けっこうな急登の箇所もところどころあります。

 

やがてニリンソウの大群落がみられるようになりました。

 

ニリンソウって清楚でかわいらしくて、見るたびにうれしくなる山野草のひとつです。

 

他にはヤマエンゴサクや、

 

ミツバツチグリなどを見ながら登ります。

 

ほどなく筑波山山上の美幸が原へ到着。

 

ここで手に入れたのが百名山バッジ。ガマの登山者がコミカルかつ愛嬌があって◎です。

百名山バッジってなかなか手に入れられないことが多くて、登ったことがあるのに

持っていないバッジってけっこうあります。

 

筑波山は男体山と女体山のふたつのピークがあり、男体山手前で一輪だけカタクリが咲いていました。

筑波山は毎年4月の上旬にカタクリ祭を開催していて、今年は2日前に終わったばかりでした。

今年はどの花も本当に早いので、もう終わっているだろうなと思いつつ登ってきたら、

一輪だけ残っていてラッキーでした。

 

男体山山頂から女体山を望みます。

 

美幸が原に戻ると広場でやっていました、ガマの油売り。

ライブで見るのは私は初めてでしたが、中には懐かしいと言われる方もいて、

たくさんの足を止めて見ていました。

 

切ろうか切るまいか、もったいぶってなかなか切らない。でもそこが面白い。

見てると長くなるのでほどほどにして先へ進みます。

 

樹林帯の中を歩いていくとほどなく、筑波山女体山の頂きへ到着。

 

何と今回はこの筑波山で百名山完登のお客様がおられみんなで祝福!あやかりたいものです。

しかし百名山の最後に筑波山を持ってこられるとはなかなかお上手。

もし皆様も百名山を狙っておられるならば、最後に登りやすい山を

残しておくことをおすすめいたします。

 

今回は春霞で遠くは見られませんが、条件が良ければ富士山まで

見渡すことができる大展望の頂きです。

 

下山はツツジが丘へ。登ってこられる方も多く、すれ違いに結構時間がかかります。

 

胎内くぐりなど楽しみつつ、ゆっくり歩きます。

 

筑波山っていろいろな楽しみ方があるので面白い。

 

つつじヶ丘に到着です。

 

ここから宿に戻って入浴・昼食を終えて関西へ戻りました。

筑波山はいつ来ても、何度来ても良い山です。

今回ご参加の皆様大変ありがとうございました。

 

トラベルギャラリー井上