GW明けの今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。旅本大阪の井上です。

3/31-4/1の2日間で高知県の山旅をご案内してまいりました。

 

 

今回の山旅は仁淀川流域の観光モニター事業の支援を受けて催行したものです。

高知県の清流といえば四万十川が有名ですが、近年川自体の美しさだけではなく流域全体の

自然が評価されているのが仁淀川です。石鎚山の面河渓に源を発し、太平洋まで一気に

流れ下る清流は【仁淀ブルー】と表現され、非常にきれいな流れを見ることができます。

 

仁淀川流域観光について 詳しくは下記のホームページをどうぞ

http://niyodoblue.jp/

 

まず初日は仁淀川町の桜の巨木、ひょうたん桜を鑑賞しました。

花に寄って見るとこんな感じです。

 

なぜひょうたんなのか、というと写真をご覧いただければお分かりですね。

つぼみの形がそのままひょうたんです。

 

ひょうたん桜は樹齢500年、高さは21m、種類としてはエドヒガンと言われています。

この一本桜は樹齢の古さを考えると生命力に満ちており、大変な風格を感じさせてくれます。

ゆっくりと桜を鑑賞した後は、もうひとつの見所、沈下橋を見に行きます。

 

道路からぶらぶら歩いて川の近くまで歩いて行くと案内板があります。

 

これが昭和10年に造られたコンクリート橋とは、一目見てもわからないのでは。

この優美なアーチ、今見てもモダンなデザインに見えます。

 

しかも今なお使われている生活のための橋なのですね。

橋を鑑賞した後は本日のお宿へ。

 

今日泊る宿は昔の学校を再利用したしもなの郷です。

 

学校を改築した施設なので設備はそれなりですが、山村ならではなのでしょうか、

スタッフの方たちのおもてなしと、

 

食事のおいしさは折り紙つき!

 

本場のかつおのたたきがまっこと(本当に)うんまい。

私これまで何度も高知へ参っており、高知出身の知り合いもおりますが、

人の良さと食べるものの美味しさは格別です。

また土佐弁のかわいらしさといったら変ですが、高知の人が話す言葉の響きが何かしら心の琴線を

くすぐるようなものがあり、いつもいいなあと思って聞いている次第です。

 

少々話が横にずれましたが校庭の桜の木も綺麗にライトアップされ、

高知の山村の夜は更けていきました。

 

翌朝、横倉山の登山口にて。今回は仁淀ブルー観光協議会の支援を受けてのツアーなので、

協議会や地元の方たちが複数名登山に同行してガイドして頂けることになりました。

準備体操と自己紹介を終えて、元気に出発。

 

駐車場からしばらく歩くと登山口。ここから山頂を目指します。

 

歩き始めてすぐトサノミツバツツジがそこここに。

 

どんどん登ります。一部岩がちな登山道もありますが、概して歩きやすい道です。

 

振り返るとずいぶん登ってきたなあと実感します。

 

さらに進むとアケボノツツジが。桜もそうですが、今年は山の花のほとんどが2週間前後、

早いような気がします。

 

ガイドして頂いたのは地元の方で、地方の文化や歴史などいろいろなことを分かりやすく

解説して下さいました。

 

横倉山山頂に到着。こちらのお社には壇ノ浦の源平合戦で没したと言われる安徳天皇が実は

土佐に落ち延びてこの横倉山で再興を期したという言い伝えがあります。

 

山頂でいろいろなお話しを聞いた後、全員で記念写真。

 

さらに進むと展望地に到着します。

 

展望地から山頂を見ると、お社が断崖絶壁の上にあることが分かりました。

 

その後も安徳天皇の御廟所参考地を見学して下山にかかります。

 

さすがに歴史と伝説に彩られた名山だけあり、森が大変きれいです。

 

途中のお社では、

 

精緻な木彫りに感嘆し、

 

杉の巨木にも触れました。

 

下山後、整理体操を済ませて一路関西への帰途につきました。

今回ご参加の皆様、いろいろとお世話になった仁淀川流域の皆様、大変ありがとうございました。

ブログをご覧の皆様も、この美しい自然が残る仁淀川流域へお越しになってはいかがでしょうか。

ぜひお勧めしたい場所のひとつです。

 

トラベルギャラリー井上