3月18日(日)に「福岡県最高峰の御前岳と釈迦ヶ岳」を岩永ガイドと一緒にご案内しました。

今回のコースは杣の里渓流公園から歩きはじめて釈迦ヶ岳から矢部越へ下るルートです。約4.5kmの行動時間は休憩を入れて約5時間の行程です。

杣の里渓流公園の上部に登山口があり、案内版もしっかり設置していますので、個人山行を楽しむ方も沢山いらっしゃいます!!

第2登山口までは小さな渡渉が数箇所現れますが、足場はしかっりしていますのでゆっくり渡れば安心ですし、沢沿いは涼しくて快適に山歩きが楽しめます!!

歩きはじめて約1時間で第2登山口に到着です!!御前岳までの距離が新しい道標は1.2km、古い道標は800mで違います!!ここは古い道標を信じて歩きました。

この時期の登山道ではマンサクに出会う事ができます。

それぞれの山頂からの展望は抜群です。阿蘇方面・由布岳・英彦山系まで大展望が広がります!!第2登山口から御前岳までは約1時間、御前岳から釈迦ヶ岳までは約1.5時間で到着です!!

山頂にある新しい道標にはスタンプカードとスタンプが収められています。このスタンプカードは矢部8名山をすべてめぐるとバンダナがもらえるというもので、常備されているようなので機会があればぜひ挑戦してみたいと思います!!

また矢部8名山とは1.景観・眺望2.登山道の整備状況3.五つの旧小学校区4.歴史的・文化的価値5.村における位置等を検討し、八女にちなみ釈迦岳・御前岳・猿駈山・三国山・前門岳・文字岳・高取山・城山の八が選ばれたそうです。

今回の山旅は天候にも恵まれ、とても気持ちの良い山歩きができました。

帰りは日田インター付近の温泉に入って帰路につきました。