初心者のための山歩き教室・第5回で日本第二と第三の高峰、北岳と間ノ岳に行ってきました。テーマは、パッキング術です。※当ブログ内の写真はイメージです。

日程

①新宿(7:30発)=広河原(1520m)…白根御池小屋・山(2236m・泊)

②…肩ノ小屋…北岳(3193m)…北岳山荘…間ノ岳(3189m)…北岳山荘・山(2880m・泊)

③…北岳(3193m)…肩ノ小屋…右俣コース…大樺沢…広河原=新宿(20:00頃着)

1日目

今回は新宿から貸切バス移動。車内でパッキングについてレクチャー。芦安からはタクシーに分乗して、登山口の広河原へ。綺麗なインフォメーションセンターにて昼食をとって、いよいよ出発!

吊り橋を渡って、広河原山荘の脇から登山道へ。大樺沢方面への分岐を過ぎるといよいよ急登がはじまります。途中、レンゲショウマが咲いていて皆さん大喜び!傾斜が緩やかになり、トラバース道へ変化していくとまもなく、白根御池小屋です。

木をふんだんに使ったとても綺麗な山小屋で快適です!

小屋前からは明日登る北岳が顔を見せてくれました。

2日目

朝食後、いよいよ北岳を目指します。いきなり「草すべり」と呼ばれる急登。日が出てくると暑さが身にしみます。お花に励まされながら登ります。ダケカンバ林、二俣への分岐を過ぎるとまもなく小太郎尾根分岐の稜線に出ます。

仙丈岳と甲斐駒の展望

肩ノ小屋までは緩やかな稜線歩き、肩ノ小屋で休憩後、いよいよ北岳山頂を目指します!

北岳まではガレた岩場の道。手前の山頂はニセピークです。

まずは、北岳ゲット!ここからの下りも急な岩場なので慎重に歩きましょう。

風が強く、逃げ込むように北岳山荘に到着。食堂をお借りして昼食タイム。生き返りました!しっかり準備を整えて、間ノ岳をピストンします。

視界の悪い天気の中、アップダウンが続く長い稜線を歩いて、ようやく間ノ岳に到着!天気も悪いので、早々に北岳山荘へ引き返しました。皆さん、よく頑張っていただきました!待機された皆さんのお出迎えがとても嬉しかったですね!

3日目

前日とは打って変わって、素晴らしい天気!2班に分けて、まずは再度、北岳山頂を目指します。

朝日を浴びる間ノ岳

山頂にて無事に合流。甲斐駒、仙丈、鳳凰三山、八ヶ岳、間ノ岳の展望が素晴らしい。帰路は小太郎尾根分岐を過ぎて、右俣コースへ。途中、マルバダケブキの素晴らしい群落に出会いました。八本歯方面との分岐点・二俣にて昼食タイム。

ここで北岳に別れを告げて、沢沿いの道をひたすら辿り、広河原に到着。タクシーで金山沢温泉で汗を流した後、貸切バスにて新宿へ。

今年の目標を北岳にしていた方も多かったと思います。初心者の方は、ちょっと大変だったかと思いますが、皆さんとても頑張って登頂されました。ご協力ありがとうございました。

ガイド/ツアーリーダー:白砂賢一 サブガイド:波間健二、清水由香