めざせ剱岳シリーズの最終回、いよいよ剱岳に行ってきました! ※今回のブログ内の画像はイメージです。

日程

①新宿(7:30~8:30発)-新幹線-富山=別山乗越…剣山荘(2470m)・山【泊】

②…一服剱…前剱…剱岳(2999m)…剣山荘・山【泊】

③…別山乗越…室堂=亀谷温泉=富山-新幹線-東京(20:30~21:30)

1日目

まずは東京駅から北陸新幹線で、一路富山へ。いつも快適で早い早い。

着後、ジャンボタクシーにて立山室堂へ。室堂にて各自昼食と準備。高度順応も兼ねて時間をとった後、いよいよ出発!!

観光客に交じって雷鳥平まで下り、そこから雷鳥坂の登り返し。剱御前小舎からは雪渓がないので、剣岳荘直行ルートへ。ガレてちょっと足場悪いです。

室堂から約4時間で剣山荘に着きました!

シャワーを浴びた後、夕食。夕食後に原ガイドよりハーネスとセルフビレー用のスリングとカラビナの確認。ルート説明と注意点のミーティングをしました。さあ、いよいよ明日は剣岳です。天気も良さそう。

2日目

4時起床。食堂にて各自お弁当を食べます。スープ、お茶が用意されていて感謝!今回は人数が少ないので、最初からロープを結んで歩くスタイルで出発します。

武蔵(たけぞう)のコルから前剱まではガレガレの道。落石に注意します。前剱から先は気の抜けない岩場の連続。前剱の門手前の高度感あるトラバースは、見ている方が怖いけど、意外と大丈夫。

平蔵の頭を過ぎると、いよいよ核心の「カニのたてばい」へ

上から見ると、高度感抜群!でも、空いていてラッキー。タテバイを過ぎれば、ガレ場の稜線を慎重に辿って、まもなく山頂です!

渋滞もほとんどなく、順調に3時間10分で山頂に到着しました!ご褒美にこの展望!

30分程山頂を楽しんだ後、下山開始。程なく下りの核心部「カニのヨコバイ」に突入!最初の1歩の見えないステップが有名ですが、岩に赤ペンキで矢印が書かれていました。

ヨコバイが終わっても、まだまだ気が抜けません。

平蔵のコル、携帯トイレブース、旧小屋跡を過ぎ、前剱にて昼食タイム。

前剱の下りは一番事故の多い所なので、慎重に歩きます。武蔵のコルまでくれば、ようやく一安心。少人数で渋滞がなかった事もあり、順調に11:40には剣山荘に到着!

充実感の余韻に浸りながら、小屋前のテラスで祝杯をあげました。山で一番贅沢な時間。。登頂おめでとうございます!

3日目

朝食を食べて、ゆっくり出発。今日も天気がいい!帰路は剱沢小屋経由のルートを辿ります。裏の雪渓がガチガチに凍っていて、ちょっとヒヤヒヤ。剱沢小屋から剱本峰の展望を目に焼き付けます。

あとは往路を辿り、雷鳥荘への最後の石段を登るとまもなく室堂。予定より早いので、各自フリータイム。そして、いつもの亀谷温泉にて入浴と刺身定食の昼食。富山駅でも時間があったので、打ち上げをして帰京しました。

今回は終始時間に余裕があったので、剱岳を存分に味わっていただけた事と思います。皆さん、ありがとうございました!

ガイド:原岳広、ツアーリーダー:白砂賢一