初心者のための山歩き教室で山梨百名山の小楢山に行ってきました!

テーマは危険箇所の歩き方です。

日程

新宿(7:30発)=焼山峠(1535m)…小楢山(1712m)…幕岩…大沢の頭…父恋し道…フフ山梨(780m)=ほったらかし温泉/入浴=新宿(19:30頃着)

登山口では前回の復習。登山靴の履き方。

最初は緩やかなアップダウンの樹林帯の道。

今年はじめてのサラサドウダン。更紗染めのような模様があります。ドウダンとは油で燃やす灯台の意味で、灯心の周りを囲った風よけのように見えることから。

ヤマツツジ。昆虫に蜜の場所を教える「蜜標」と呼ばれるマークが特徴。

あっけなく山頂に着きました!

広い山頂でお弁当を食べていたら、富士山が顔を出してくれました!

今日はここからが本番。大沢の頭まで縦走し、「父恋し道」を下山します。途中の幕岩で、鎖場講習。

「父恋し道」は踏み跡薄く、落ち葉も積もっていて、足元注意!点在する石仏に励まされ、心和みます。

ところで「父恋し路」「母恋し路」とは??気になりますよね。

信州川上の城主の姫が夫を慕って峠を越え、甲州中牧城まで来ましたが、信長の軍勢に城は陥落され、夫は討ち死に。姫は嘆き悲しんで盲目となり、川上に帰る途中に亡くなりました。

後日、川上村に残した二人の姉弟が両親の供養をしようと小楢峠(古那羅峠)に差しかかり、姉はやさしい道(母恋し路)、弟は険しい道(父恋し路)を下ったので、いつしかそのように呼ばれるようになったとの事。う~む。

最後に林道を辿って、無事下山。変化に富んだ縦走コースでした!

下山後は人気の絶景風呂「ほったらかし温泉」へ。皆さん「あっちの湯」と「こっちの湯」に分かれて、湯ったり。特別に手ぬぐいもいただきました。

ガイド:白砂賢一 ツアーリーダー:倉持恵美子 サブガイド:波間健二