ゴールデンウィークに大杉谷をご案内しました。

初日は宮川ダム登山口までバスで入り、桃の木山の家へ。連休だけあってやはり混んでいました。

2日目は順調に行程をこなし七ツ釜滝からは大杉谷の核心部、崩壊地などを無事通過して大台ケ原へ登頂。

 

 

ヒカゲツツジが咲いていました。

 

岩場のへりを歩きます。

 

すぐ下には渓流があります。しっかりとした鎖がついているので安心。

 

2004年の水害で崩壊した地形を越えて行きます。遠くから見るとどこから登って行くんだと

思ってしまいますが、近くによってみると道も良く整備されマーカーもあり、

迷うことはないと思います。

 

巨岩のふちを歩いて通過。

 

通過した地点は広い河原になっています。

 

アカヤシオでしょうか。渓流の青と花のピンクが対比してきれいです。

 

堂倉滝にて記念撮影。ここからは普通の登山道となり、大台ケ原へはずっと登りとなります。

2日間小雨が降ったり、ガスが出たりといまいちなお天気でしたが全員無事コースを歩き終えました。

大杉谷は関西の黒部峡谷とも言われる位の渓谷美と連続する瀑布が素晴らしい景観をつくります。

経験と体力は必要ですが、山好きな方はぜひ歩いてみて下さい。

 

井上