初心者のための山歩き教室 第8回

10/28-29「紅葉の中国地方最高峰・伯耆大山」

~山でのアクシデント対策~

【日程表】

10/28 博多駅===九州自動車道===小倉駅===九州/中国/山陽/松江/山陰自動車道===山陰道===米子東IC===

===大山町

10/29 宿舎・・・大山寺橋(750m)・・・五合目・・・九合目・・・頂上小屋・・・伯耆大山/弥山(1709m)・・・六合目・・・元谷小屋・・・

・・・大神山神社・・・参道(770m)・・・宿舎(/昼食/入浴)===米子東IC===山陰道===山陰/松江/山陽/中国/九州自動車道===

===小倉駅===九州自動車道===博多駅

◎距離6.8km、行動予定約7時間半、獲得標高1820m

 

紅葉のベストシーズンに伯耆大山に登りました。

バスにて移動距離も長く、あいにくの雨模様でしたが、それをも忘れらせてくれる素晴らしい紅葉・黄葉を楽しむことが出来ました。

1日目は、今回のテーマである「山でのアクシデント対策」という事で、宿の大部屋をお借りして講習会を行いました。

2日目はあいにくの雨の暗闇の中、ヘッドランプをともして出発。稜線では強い風にあおられながらも、何とか山頂小屋へ。

山頂は寒かったですね~。早々下山して、行者谷から元谷小屋へ向かう登山道へ。ここの紅葉はピークでした!

初心者の方には厳しい山行でしたでしょうが、秋の大山を十分に満喫できたのではないでしょうか。

 

夕食前に散歩がてら、大山寺へ。夜はライトアップされて綺麗です。

朝から、あいにくの雨。。それでも暗闇の中山頂を目指します。

 

天気は悪いですうが、紅葉は良さそうです。

6合目の非難小屋から上はかなりの強風でしたが、何とか山頂小屋へ。さすがに小屋には他の登山者はいませんでした。

恒例の集合写真を撮って、寒いので早々下山。

元谷への分岐より、行者谷コースへ。ここの紅葉・黄葉は素晴らしかった!

雨も午後には和らいできました。

大山の北壁と紅葉のコントラスを見ながら、無事に下山。