西吾妻山と蔵王山へスノーシューに行ってきました!
蔵王は夏も冬も何度も登っていますが、冬の西吾妻山は初めてです!

両山とも樹氷の美しい山として知られています。
別名スノーモンスター(^^)

雪山の厳しさと楽しさをたっぷりと感じることができる、山歩きでした!

西吾妻山と蔵王山/熊野岳スノーシューの日程

①伊丹空港 ✈ 仙台空港=白布温泉
②=天元台ロープウェイ/リフトー北望台(1820m)…梵天岩…樹氷の森…西吾妻山(2035m)…北望台ーリフト/ロープウェイ=蔵王温泉
③…蔵王ロープウェイー山頂駅(1661m)…地蔵岳…蔵王山/熊野岳(1841m)…山頂駅ー蔵王ロープウェイ=仙台空港 ✈ 伊丹空港

1日目 白布温泉へ

ANAで伊丹空港から仙台空港へ。

冬の西吾妻山は初めてなので、現地ガイドさんと打ち合わせ。
冬のルートを確認して、ホワイトアウトナビゲーションを作成&ガーミンのGPSチェック。
天気予報はいいが、悪天候の時の準備は怠りませんよ!

2日目 樹氷の西吾妻山

西吾妻山の麓の天元台スキー場へ。
ここからロープウェイとリフト3本を乗り継いで、北望台へ。

これが結構時間かかります(^_^;)
そして、リフトは登山者が乗る場合、一旦停止!!!
毎回、アナウンスが入ります。

樹林帯を抜けると、風が出てトレースがなくなる。。。
西吾妻はなだらかで広い山なので、難しくなりそう。天気予報外れすぎ・・・

そして、樹林帯で私達を抜いていった一般の登山者数組が、
私達を待っている。。。

ラッセル泥棒ならぬ、ガイド泥棒ってやつです。
もちろん、稜線などで歩く場所がはっきり分かる場合は、そういう言葉は使いませんが、
どこを歩いていいか分からないから、私達の後をつけようというのです。

それも当たり前のように。。。。
その登山者さんたちには私達の後をつけてくることをするなと、丁寧にお断りしました。

 理由
①地図を持っていない
②もちろん現在地も把握していない
③装備・経験が不足
④ガイド代を払っていない(お客さんに説明できない)

この時点で視界は20m以下、風も強く、トレースもすぐに無くなりそう。
私達とはぐれると、帰れなくなる可能性大。

これから登る状態で、実力を大きく超える山に行かないようにアドバイス。

と、私達だけで歩き始めたものの
ホワイトアウトの西吾妻山は難しい!

現地ガイドさん、ぐるっと一周のリングワンデルングしちゃいました。。。
どう考えても私の方が、地図読み、ルートファインディングは上なので、以降私が現地ガイドさんをナビ・・・。

初めての山でもホワイトアウトナビゲーションとGPSがあれば怖くありません。
しかし、GPSに頼る山歩きはダメですよ! 壊れたら終わり。絶対に地図も持参すること。併用しましょう。
通常はコンパスで歩き、たまにGPSで現在地を確認するのが、
最もホワイトアウトナビゲーションの技術をあげられる方法です。

西吾妻山の山頂へ(^^)

難易度高めの仕事でした!

3日目 蔵王山/熊野岳

天気予報は蔵王の方が悪かったのに
この日はまずまずの天気。

樹氷の横を歩き地蔵山へ。


全員登頂\(^o^)

最後は自由に樹氷を歩きました

厳しい雪山と楽しい雪山の両方を楽しむことができました!!

装備の大切さ、地図読みの大切さを改めて感じましたね。

ご参加ありがとうございました。

沖本浩一